メタボリックシンドロームとは?「症候群」

いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンド
ロームは「症候群」という意味です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単
に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症し
ている状態を指します。食事制限で対策しないと、メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす
元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。この原因は、なんといっ
ても運動不足や過食などの生活習慣によると言われています。まずは余分に蓄積した体脂肪を
減らすために、食事制限&ウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを取り入れ、運動不足を
解消し、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。40歳を超えると、このメタボリックシンドロー
ムが急激に増えると言われています。そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係
なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる
「予備群」として存在しているといわれています。とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリッ
クシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。身体に体脂肪を蓄えてい
くという機能は、人間にとってはひとつの本能で、それは人が生きていくために必要不可欠なこと
です。人には生まれつき体脂肪がつきやすい人もいて、これは肥満遺伝子によるものなのです
が、このような遺伝子を持っている人は、特に食生活を見直して改善していかなければなりませ
ん。運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、身体には悪いことばかりですから、
とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。メタボリックシンドロームにならないた
めにも体脂肪率のチェックが必要です。
食事、カロリーの取りすぎは禁物です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。