シモン茶でダイエット

シモン茶のシモンとは、中南米原産のヒルガオ科の植物でサツマイモの一種です。原住民インデュオの間では秘薬として珍重されていました。野菜に比べ、天然ミネラル・ビタミンA・E・Kが桁違いに多量 に含まれています。繊維質が豊富なため、原産地では2千年以上も前から民間薬 として使われてきたようです。
腸内老廃物の除去などの効果があることでも知られています。さて、シモン茶に使われているのはこのシモンの芋ではなく葉のほうです。シモンの葉の特徴は驚異的な食物繊維の量です。
食物繊維が豊富といわれているきな粉が約17g、ひじきが約40gですが、それと比べて純シモン茶には約60gも含んでいます。食物繊維が多いため、腸デトックスが可能なのです。
また、もの自体がお茶なので他のダイエット法との併用出来るでしょう。
そうすることで、より一層のダイエット効果が期待できるのではないでしょうか。
ただ、なかなかシモン茶自体が見つからない場合場あるでしょう。
やはりこういったものはスーパーマーケットなどよりインターネットで探したほうが比較的簡単に見つけられるようです。
機会があれば是非チャレンジしてみてはどうでしょうか??

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94191429

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。