チョコレート ダイエット

カカオ含有率70%以上のチョコレートを食前に食べれば、
満腹中枢を刺激させて、ダイエットになるそうです。あくまでビターチョコレートですが、
ダイエット効果が期待できる3要素があるのです。1食前にチョコレートを摂れば、
血糖値をすばやく上昇させ、上昇した血糖値が満腹中枢を刺激し、食欲を抑える。
2カカオのタンニン、食物繊維は便秘予防の効果があり、宿便分の体重を減らすダイエット効果がある。
3カカオポリフェノールが甲状腺ホルモンを分泌させ、血流が上昇し、基礎代謝が高まり、
消費カロリーが増え、ダイエットとなる。
うれしい事に、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、
ダイエット以外にも多様な効果があります。
それは、動脈硬化などの成人病を予防・ガンの予防・花粉症対策・ストレス対策に効果がある事です。
まさに、一石二兆です。
チョコレートダイエットのポイントは、
1カカオ含有量70%以上のビターチョコレート。ミルクチョコレートは、カロリーを取り過ぎ、逆効果。21日50gを、3回に分けて食べる。
板チョコ半分程度を朝昼晩と3回に分けて食べるといい。
3食事の20分位前の空腹時に少量をゆっくり食べる,というものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94916421

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。