産後ダイエット

出産は女性にとって非常に大きなダメージがあります。
特にカルシウムが減少し、骨粗蒡状態になります。
その回復期である産後にダイエットをする場合には、通常時に比べて方法等を良く検討しなければなりません。
また、授乳もありますので、サプリメント等の摂取は師等の指示通りに行いましょう。無理はしない方が良いけれど、体型は戻したいですよね。
念のため、産後ダイエットの前には医師からアドバイスをもらうようにしたほうが良いでしょう。
出産後は基礎代謝が著しく落ちるといわれます。積極的に運動しましょう。
運動しないで食べると確実に太ってしまう時期ですので要注意。
腹筋等で筋力をつけながらウォーキングなどで効率よくカロリーを消費できれば理想的です。 病人ではありませんから、何でも食べられます。栄養のバランスを考えて摂ります。
やはり栄養のバランスといえば、玄米や豆類を中心に摂るのが一番。 ただし、日本人は米や豆等を自然と多く接種しているのでその点は注意しておくべきです。
カロリーの量を押さえることよりもカロリーを消費することを考え、食事はフルーツや野菜などもしっかりとるようにして、栄養のバランスを考えるようにしましょう。

ダイエット食生活では揚げ物控えめに

油料理:特に揚げ物のカロリーは目を見張るものがあります。
洋食料理、中華料理に比べて、和食はダイエットにいいって聞きますよね。
それは料理に使う油の量や、調理方法が違うからなんです。
料理について少し気を遣うと脚痩せにも近づけますよ。

だからといって、食べるなとはいいません。
ただ、ある程度我慢するのも必要といえます

揚げ物は数ある食品の中でも特に油を含む、高カロリーな食品です。
どのくらい高カロリーなのかを豚肉を例にみていきましょう。

たとえばみんなが大好きなとんかつ!
このとんかつは1枚(100g)で約450カロリーあります。

もしこのとんかつを豚のソテーにしたらカロリーはどのくらいか?
なんと1枚(100g)で約300カロリーほどになります!

調理方法を変えるだけでなんと約150カロリーも違いがでるのです。
これを踏まえると揚げ物を食べる回数を調節するだけでも
脚痩せにおいて大きな効果が期待できるといえます^^

こういった調理方法をしっかり覚えておけば、
「お肉好きだけ我慢しなきゃ・・・」「ドーナツみたいな甘いものは絶対駄目!」
なんて事も少なくなって、少しは脚痩せに余裕が出来ますね^^

まずは自分が1週間(21食)のうち、平均何食揚げ物を食べているかを
把握して徐々に減らすようにするのがいいでしょう♪

最終的には揚げ物を食べるのは週に1.2回程度に抑えたいところです。
まぁそこまでできなくても揚げ物は高カロリーと意識するだけでも
ダイエット食生活の改善には役立つとおもいます^^

マッサージの方法

1.両手で足首から膝裏へ向かって血液を押しあげるように、ふくらはぎに圧をいれマッサージをします。
2.左右10回ずつ行ったら、つまんだり、引っ張ったり、離したり、とにかくしたから上へマッサージします。
3.最後に両手でふくらはぎを包んでブルブル揺すってみましょう。

運動のしすぎは逆に足痩せにはマイナスの場合もあります。筋肉がつきすぎてしまうと美しくは無いですよね。運動後はマッサージや入浴などで血行をよくしていくことも大切ですよ。

手だけではなく、足痩せに効果的なさまざまな商品を活用したり、併用するのも良い方法です。
ローション、着圧ソックス、補正下着、サプリなどが代表的な脚痩せグッズです。ただ値段が高いものになるとなかなか手は出せませんので、こちらもエステ同様おこづかいと相談…となってしまいます。

また、リンパマッサージとは別に、足裏を刺激する足ツボマッサージがあります。足のむくみ、筋肉疲労のほか、足痩せにも効果がありますので、足裏にクリームをつけ、足の指の間に手の指を入れ、足の指を広げたり縮めたりしてマッサージをすると効果的です。毒素排泄にも良いので健康面での効果も期待できますよ。

目標立て、ダイエットプランを練る

ダイエットを始めるに当たって、まずは下記のポイントに沿って具体的にプランを立ててみましょう。
・体重ばかり気にするのではなく、自分の体格指数や、体脂肪率をしっかり把握して下さい。
体重が何kg減ったかよりも、問題なのは脂肪の量です。筋肉と脂肪では重さが異なり、筋肉の方が重たいために体重にこだわってはいけないんですね。目的は皮下脂肪を落とす事、そのためには体脂肪率を把握しておきましょう。

自分に合ったダイエット方を選ぶ

自分の太っている傾向が分かれば自分に合ったダイエット方法が見えてきます。体質によっても手段や方法は変わってきます。
体質によっても手段や方法は変わってきます。日ごろの習慣や代謝の違いによって、始める運動の量や強さも変わってきます。一人一人にそれぞれ違った方法があるんです。
自分の体質を把握しなければ、ダイエットを始めても思うように体重が減らず挫折してしまう原因になってしまう事に…
だから、ダイエットを始める前に、自分の体質にあったダイエットを探すのがダイエットを成功させる第一歩です。

自分に合ったダイエット方法を選ぶ

自分の太っている傾向が分かれば自分に合ったダイエット方法が見えてきます。体質によっても手段や方法は変わってきます。
体質によっても手段や方法は変わってきます。日ごろの習慣や代謝の違いによって、始める運動の量や強さも変わってきます。一人一人にそれぞれ違った方法があるんです。
自分の体質を把握しなければ、ダイエットを始めても思うように体重が減らず挫折してしまう原因になってしまう事に…
だから、ダイエットを始める前に、自分の体質にあったダイエットを探すのがダイエットを成功させる第一歩です。
・食事制限だけのダイエットでは、体重は落ちても体脂肪率が上がることも…
運動の目的は、代謝を上げて脂肪の燃焼をしやすくすることです。 つまり体を作る事。ベースが無ければ、ダイエットは無理。
筋肉は最もカロリ−を代謝するところ、減らすのは簡単だけど増やすとなると大変です。無茶をすると健康を害する恐れもあるので、正しい知識を習得してこそ楽なダイエットが実現できると言えます。
食事とともに運動で筋肉を落とさぬようにする事がダイエットへの近道なんですね。

食事制限だけのダイエットでは、体重は落ちても体脂肪率が上がることも…

運動の目的は、代謝を上げて脂肪の燃焼をしやすくすることです。 つまり体を作る事。ベースが無ければ、ダイエットは無理。
筋肉は最もカロリ−を代謝するところ、減らすのは簡単だけど増やすとなると大変です。無茶をすると健康を害する恐れもあるので、正しい知識を習得してこそ楽なダイエットが実現できると言えます。
食事とともに運動で筋肉を落とさぬようにする事がダイエットへの近道なんですね。

ダイエットを始める前に

ダイエットを決意したは良いけれど、無計画に始めてみても、長続きしなかったりうまくいかなかったりして失敗した経験がある方も多いはず。
せっかく頑張るのだったら、きちんと成果が残るようにダイエットプランを立ててみてはいかがでしょう?
まずは自分の身体の現状を把握して、どんなダイエット法が適しているのか考えてみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。